A.T.S.NEW

A.T.S.の最大の特徴はこの薄くて軽い無垢のようなアルミハニカムの天板です。
日本独自の航空機産業の技術が生かされているのも特徴で、パネルを丸ごとアルマイト加工することが可能です。
これは、現代技術が生んだ積層合板の進化版のようなものと考えました。この軽くて頑丈で、かつ彫刻のようなパネルに最初に触れた瞬間に、家具の分野でも積層合板の次世代素材として今のニーズにうまくフィットするのではないか、と感じたのがこのプロジェクトの始まりでした。

現在、世界的にワークスペースの定義の変化はめまぐるしく、自社スペースを必要とせずミーティングルームのみ借りる、あるいは簡単に整うが上質なワークスペースを必要とし、固定されたオフィススペースではない、フレキシブルな環境が必要といったマイクロ企業が圧倒的に増えています。そのような背景もあり、例えばスタートアップの会社が今すぐ来客用に必要なテーブルを買いたい、というようなニーズに答えられるよう、リーズナブルな上に上質でプロフェッショナルな雰囲気のテーブルを目指そうと開発されたのが、A.T.S.です。

現在、アルミ、ウッド、スティールのパイプ・L字の4種類の脚のスペックがあります。すべてDIYを想定してフラットパックができるように設計されています。薄い天板にネジ数本だけで脚を持たせる、というのがA.T.S.のコンセプトであり、アルミハニカムパネルの特徴です。また、天板のエッジに大きな面取り加工を施しているのもアルミらしいディテールです。
今後、新しい脚のデザインを展開できるよう、初めから天板内部が設計されているのもこの先を見据えたデザインの特徴です。

ats1

  • ats1
  • ats2
  • ats3
  • ats4
  • ats5
  • ats6
  • ats7
  • ats8